MENU

加齢変化の着色とホワイトニング製品

歯を綺麗に見せたい、これは若い頃よりも歳を重ねる毎に強くなっていく願望の一つだと思います、というのも若い頃はそこまで手入れをしていなくても着色が目立たなかったのに加齢による着色は中々落ちない…そう思っている方が多いためだと思います着色には大きく分けで3種類がありますが殆どの方々は2つの着色原因が複合しているために効果が薄いと感じてしまうようです

1.歯の表面の着色

ホワイトニング製品で最も効果があるのは歯の表面に対する着色です

 

私達のお口の中は常に細菌や唾液で保護されている状態でその上からの着色が中々落ちないためホワイトニング製品が活躍しています

 

これは生活習慣で着色の度合いが変化しますが紅茶や珈琲を嗜む方は特にこの着色が強くなります

この着色だけが若い頃は目立っていたと思いますが着色原因はこれだけではありません次に着目するのは加齢による着色です

2.歯の内部、象牙質の加齢による変化

蛍光灯を思い浮かべて欲しいのですが、白色蛍光灯だったものに温白色の蛍光灯を使用するとなんだか部屋に色がついたようなイメージを受けると思います。

これが加齢による色の変化です、厳密には着色ではなく変色となります

原因は様々あるかと思いますが最も多いのは毎日の食事や歯ぎしりだと言われています、内部の変色により歯の全体が黄色く見えてしまうのです

 

こういった方々にはホワイトニング製品を常用するよりも、歯科医院でのラミネートベニアやセラミックの被せ物をオススメしております。

エナメル質よりも内部が見えづらいセラミックを使用することで内部の色を隠す方法になりますが、これ単体だけでは効果が継続しない為にホワイトニング製品を恒常的に使用している方が多いです。

3.虫歯による着色

ホワイトニング製品が効力を発揮しないものとして最初に挙げられるのは虫歯による着色です、虫歯は黒く強い色合いをしているため、白い歯の中にあるだけで際立ってしまい、全体の色合いが落ちてしまいます。

 

ホワイトニング製品は歯の表層部分を浮かせて取る性質ですが虫歯まで治すことは出来ません、痛みが出ていない場合でも虫歯の可能性を感じる人は歯科医院での治療を受けてからホワイトニングをしていきましょう。

4.脱色効果が高い人と低い人

歯の内部が変色している人はホワイトニング製品で歯の表面を綺麗にしていてもあまり効果を実感出来ない人が多いようです、これはエナメル質が薄くなってしまっている方や内部の変色が強い方に特に多いのですがホワイトニング製品の使用をやめてしまうと内部の色と表層の色とで更に黄ばみが強く感じられてしまう場合が殆どです。

脱色効果の高い人は内部の変色が軽微な方であり、脱色効果の低い人は内部の変色が強いという形になりますが、食生活の改善をメインとした対策が出来ていると次第に薄まることもあるようです。着色原因となるステイン、タンニン等が含まれる物を減らし内部からの変色を防いだりすることも重要ですが、加齢変化はいわば当たり前の変色になる為対策しづらいというのが実際の所です。
従って基本的な対策は歯科医院でのラミネートベニア修復、セラミッククラウン等になり、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを兼用する事が重要となります。

加齢では着色ではなく変色が起きており、防ぐことは困難です。
個人差が大きい変色度合いは対処法が様々ですが一般的には歯科医院での処置とホワイトニング製品の兼用が大切で、審美歯科に強い歯科医院を探す事と相性の良い製品を見つけることがメインとなっています。